ハイビスカスを使った寄せ植え

 

ちょっと前になってしまいますが…8月初日にお友達2人でご来店くださり、

お日様☀みたいなハイビスカスを使った素敵な寄せ植えを作られました。

 

ハイビスカスは晩秋まで咲き続け、意外や冬越しの成功率は高いのです。(もしかして失敗は私だけ?)  

日本の夏はハイビスカスとはいえ暑すぎるので、午前中☀に当てれば十分です。

また、この時期の根崩しは負担&養生に時間がかかるので、最小限にしましょう。

 

 

 

日が当たりだすとパカッと開きます。

花が終わると…クルクルっと巻いてから

ポトリと落とす、とってもお上品なお花。

 

1日~1日半の花が次々と咲きます。

明日は○個、あさっては△個…と

蕾を数えながらの水やりも楽し(^^♪

 

 

シンプルな白い鉢に入れると

こんな感じ♡

 

花色によって枝はりが違いますねぇ。

赤のハイビスカスは、足元が寂しいので

アルテルナンテラを3種類入れました。

 

 

 

ここからは本格的な寄せ植えです。腕の見せ所よ~

 

 

 

…と言っても上手だから…

アドバイスなんぞ…したっけ? 

いらんかったなあ。。。

 

黄オレンジの花と、味のある塩焼きの長鉢がぴったり(#^.^#)

「粋」ですねぇ~

どこか秋風も感じます。

 

オシャレな和の料理屋に置きたい♪

 

 

 

   

   

   これは直径32㎝の大鉢です。

   門も玄関も広~いお家だから、1番大きいハイビスカスで。

     ただ…1つも咲いてないのよ~(-.-)残念。。。

 

   パープルファウンテングラス 、数珠サンゴ(ピンク)

   などとハイビスカスが上手く組み合わさっています。 

 

   前面をピンク系でまとめられましたが、葉ものですし

   目立つ花はハイビスカスだけなので、甘々しませんね(*^^)v

   

 

 

   

 

   …で、咲いた写真を送っていただきました。

   暑い中、また忙しい中ありがとう♡

 

   花数は液肥で調整することも可能(^^)v

   やはり、液肥は速攻で効きます。

   だからといって、欲張って濃くすると肥料負けするよ~。

   特に真夏は、薄めにコンスタントにやる方が効きます。

 

 

 

 

 

ハイビスカスは、水と肥料が大好き♡

朝は普通に水やり、夕方は水やりに葉水をプラスしてくださいね。シャワーで結構です。

次々と花が咲くので、液肥も忘れずに。

最低気温が10℃下回る頃には、全体の1/2~1/3の位置で剪定してから室内へ取り込みましょう。

春にまた新芽が動き始め、さらにしっかりした株になりますよ。

 

 

 

What's New

お知らせ!    

 

ハンギングバスケット、寄せ植え、花壇など受け付けています。  

ご都合のよい日時を、お早めにご予約ください。

講習会、ご依頼どちらでも、お気軽にお問い合わせくださいませ。

プレゼントや季節のご挨拶品などありましたらご相談ください。

 

 

*宅配便による全国発送できます。 

 

ご注文はこちらから

 

お問い合わせはこちらから

 

*定休日…毎週火曜日


 

ブログランキングへジャンプ!

今日はどうなってるかなぁ~?

楽しみに1日1回下のバナーを

ぽちっとクリックしてね。